WordPress のページ表示高速化gzip圧縮転送

WordPress のページ表示高速化ステップ2

.htaccessファイルでコンテンツの圧縮とキャッシュ設定を行います。

 

WordPress のページ表示高速化

 

の手順とほぼ同じ方法で実践していきましょう^^

プラグインを使ってサクッと終わらせたい方は

「WP HTTP Compression」

を使用しても圧縮できます(*^_^*)

 

私はできるだけプラグインは使いたくない派

なので.htaccessの設定変更します☆彡

 

 

Google公式の読み込み速度ツール

PageSpeed Insights

を使用します。

 

それでは早速PageSpeed Insightsをクリックしてください。

 

bkyassyu2

 

上記画像のようにURLを記入後「分析」をクリック。

 

「圧縮を有効にする」と、これも大抵でてきます^^;

 

assyuku

 

それでもって 解決方法は簡単です。

 

ワードプレスの「.htaccess」を少し変更します。

 

.htaccessはFFFTPでの上書きはできませんので

変更方法をご説明します。

 

まずはFFFTP等で「.htcaccess」をダウンロードして下さい。

 

ダウンロードできましたら、

TeraPadを使用し「.htaccess」の内容をすべてコピーしてください。

 

次に、デスクトップ等で

「右クリック」>「新規作成」>「テキストドキュメント」

で新しい「テキスト」を作成して下さい。

 

テキスト名は何でもよいですが

たとえば「htaccess.txt」としておきましょう。

 

テキストに先ほどコピーした

内容を「貼り付け」下さい。

 

最後に

先ほどのテキストの一番上に

AddType image/x-icon .ico
 
<IfModule mod_deflate.c>
SetOutputFilter DEFLATE
BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html
SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico)$ no-gzip dont-vary
SetEnvIfNoCase Request_URI _\.utxt$ no-gzip
#DeflateCompressionLevel 4
AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain
AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/atom_xml
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript
AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-httpd-php
</IfModule>
 
<ifModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresDefault "access plus 1 seconds"
ExpiresByType text/html "access plus 1 seconds"
ExpiresByType image/gif "access plus 2592000 seconds"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 2592000 seconds"
ExpiresByType image/png "access plus 2592000 seconds"
ExpiresByType image/x-icon "access plus 2592000 seconds"
ExpiresByType text/css "access plus 604800 seconds"
ExpiresByType text/javascript "access plus 216000 seconds"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 216000 seconds"
ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 216000 seconds"
</ifModule>
 
FileETag none
 
<FilesMatch "^(wp-config\.php|wp-mail\.php|install\.php|\.ht)">
order allow,deny
deny from all
</FilesMatch>
 
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !\.(html?|xml|xsl|js|css|jpe?g|png|gif|ico)$
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
 
# END WordPress

を貼り付けて保存します。

設定の詳細はこちらのサイトで詳しく説明されてます。

そしてhtaccess.txtのままFFFTPでアップロードして下さい。

 

アップロードが終わりましたら「htaccess.txt」を右クリックし

「.htaccess」に名前を変更ください。

 

最後に確認でPageSpeed Insightsをクリックし

再度URLを記入後分析してみて下さい。

 

「圧縮を有効にする」

が消えましたら

作業終了です(*^_^*)

 

ちなみにさくらインターネットを利用されている方は

mod_deflate(上記コードの前半部分)が使えないので

ご注意を!!

 

             夢実現プロジェクト・メールマガジン講座

AYUMI&HIROの夢実現プロジェクト始動
あなたは現状に満足されてますか?


magajin

本気で稼ぐ気があるのならご参加下さい。
アフィリエイトで稼ぐためのメールマガジン講座

btn043

この記事はお役に立てましたでしょうか? また他の誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、下のボタンから共有をいただけましたら運営者のモチベーション維持にもつながります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ