WordPress ブラウザのキャッシュを活用する

今、あなたのうえに現れている能力は氷山の一角。

真の能力は、水中深く隠されている。

あなたのアフィリエイト能力を今から

レベルアップさせましょう!!

こんにちはあゆみです☆彡

GoogleはSEOのアルゴリズムにページの表示速度を取り入れています。

今回はSEO対策のひとつ

「ページ表示速度の高速化」

にチャレンジしてみましょう(*^_^*)

Google公式の読み込み速度ツール

PageSpeed Insights

を使用します。

それでは早速PageSpeed Insightsをクリックしてください。

bkyassyu2

上記画像のようにURLを記入後「分析」をクリック。

まず、はじめに現れるエラーが「ブラウザのキャッシュを活用する」と大抵でてきます^^;

bkyassyu

これは、静的リソースの HTTP ヘッダー内で

有効期日や最大経過時間を設定すると

ブラウザがネットワークからではなく

ローカル ディスクから以前にダウンロードしたリソースを読み込むようになります。

という事ですが 難しいと思った方!!

用は修正しておけば高速化の一歩前進ということです^^

(ざっくり過ぎますが・・・)

それでもって 解決方法は簡単です。

ワードプレスの「.htaccess」を少し変更します。

.htaccessはFFFTPでの上書きはできませんので

変更方法をご説明します。

まずはFFFTP等で「.htcaccess」をダウンロードして下さい。

ダウンロードできましたら、

TeraPadを使用し「.htaccess」の内容をすべてコピーしてください。

次に、デスクトップ等で

「右クリック」>「新規作成」>「テキストドキュメント」

で新しい「テキスト」を作成して下さい。

テキスト名は何でもよいですが

たとえば「htaccess.txt」としておきましょう。

テキストに先ほどコピーした

内容を「貼り付け」下さい。

最後に

先ほどのテキストの一番上に

ExpiresActive On
ExpiresByType text/css "access plus 1 days"
ExpiresByType image/gif "access plus 10 days"
ExpiresByType image/jpg "access plus 10 days"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 10 days"
ExpiresByType image/png "access plus 10 days"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 10 days"

を貼り付けて保存します。

そしてhtaccess.txtのままFFFTPでアップロードして下さい。

アップロードが終わりましたら「htaccess.txt」を右クリックし

「.htaccess」に名前を変更ください。

最後に確認でPageSpeed Insightsをクリックし

再度URLを記入後分析してみて下さい。

「ブラウザのキャッシュを活用する」

が消えましたら

作業終了です(*^_^*)

意外と簡単でしょ♪

お疲れ様でした☆彡

             夢実現プロジェクト・メールマガジン講座

AYUMI&HIROの夢実現プロジェクト始動
あなたは現状に満足されてますか?


magajin

本気で稼ぐ気があるのならご参加下さい。
アフィリエイトで稼ぐためのメールマガジン講座

btn043

この記事はお役に立てましたでしょうか? また他の誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、下のボタンから共有をいただけましたら運営者のモチベーション維持にもつながります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ