SEO対策のテクニックは「ページ外要因と「ページ内要因」

SEO対策のテクニックで 「ページ外要因と「ページ内要因」があります。

自分のホームページを検索結果ページの上位に表示させるには

ロボット型検索エンジンのスコアリング・アルゴリズムと相性の良い

サイト作成の必要性があります。

SEO対策と言うのはこの相性の良いサイト作成のノウハウのことです。

 

SEO対策のテクニックは「ページ外要因と「ページ内要因」

SEO対策のテクニックを大きく2つに分けると

ページ外要因とページ内要因に分かれます。

ページ外要因とは第三者が運営するサイトから自分のサイト宛に

張られたリンクの事です。

ページ外要因の相手からリンクをもらうか

このいかにリンクをもらうか がページ外要因のテクニックとなります。

このようなページ外要因のSEOテクニックは

「アンカーテキスト」と「リンクポピュラリティ」という2点に集約できます。

リンクポピュラリティ

リンクポピュラリティ(参照重要度)とは、

被リンクの質と量をもとにWebページの重要性を判断するアルゴリズムで、

代表的なものに Google の PageRank があります。

現在のアルゴリズムでは リンクポピュラリティはさほどSEOに影響がない

と一部では言われてますがこれはGoogle の PageRank=上位表示

ではなくなったということは言えますが

リンクポピュラリティ(参照重要度)はSEO対策に重要な外部要因

であることには違いありません。

これは 私自らの実験結果ですが 最近の Google の PageRank

は外部要因なしでPageRank3までは比較的簡単に持っていくことができます。

逆に外部から被リンクをもらわず 発リンクをしているにもかかわらず

PageRankがあがりました。

結果検索結果が上位表示されているかと言われると

そうでもありません。

つまり Google の PageRankを重視するのではなく

リンクポピュラリティ 被リンクの数だけでなく質を考える

と言うことが重要といえます。

 

 

 

             夢実現プロジェクト・メールマガジン講座

AYUMI&HIROの夢実現プロジェクト始動
あなたは現状に満足されてますか?


magajin

本気で稼ぐ気があるのならご参加下さい。
アフィリエイトで稼ぐためのメールマガジン講座

btn043

この記事はお役に立てましたでしょうか? また他の誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、下のボタンから共有をいただけましたら運営者のモチベーション維持にもつながります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ