データベースのバックアップは WordPress Database Backup WP-DB-Backup

昔 データーベースのバックアップを取っていなくてまたはじめからサイト作成しました(涙)

極力プラグインは使いたくはないのですが WordPressのデータベースのバックアップにはサーバーの知識も必要ですし

それなりのスキルも必要になりますので ここはプラグインに頼りたいと思います。

WordPress(ワードプレス)には デフォルト(初期機能)にXMLファイルのデータバックアップ機能はついてます

方法は 管理画面の ツール>エクスポート で保存できます。

しかしこれはWordPressのデータベースを丸ごとバックアップしていません。

データベース(MySQL)を全部エクスポートしないと安心できませんね。

わたしが WP-DB-Backupを愛用している理由は 不要な機能(私にとっては)がなくシンプルで使いやすい という点です。

データーベースのバックアップで人気のプラグインに 「WP-DBManager」もあります。

WP-DBManagerとWP-DB-Backupを比較している人も少なくないと思います。

WP-DBManagerは管理画面からMySQLを操作でき 上級者にとっては断然こちらのほうがよいかなという印象です。

しかしWP-DBManagerは管理画面からMySQLを操作できるのでうっかり削除してしまわないよう気をつけてください。

自動バックアップの際に、.splの形だけでなく、.gzipという圧縮したファイル形式でサーバー上に保存することもできます。

しかし 私にとっては不要な機能でしたので 使いやすいWP-DB-Backupをしようしてます。

それでは WP-DB-Backup の使い方です。

プラグインを通常通りインストールしてください。

WordPress プラグインのインストール手順

インストールが完了し 有効化すると

ダッシュボード>ツール>バックアップ を選択

バックアップの設定に入ります。

 

バックアップ設定

バックアップファイルの扱い:

の部分は わたしは 真ん中あなたのコンピュータにダウンロードを選択しています。

サーバーに保存の場合 どんどんデータがたまってしまい管理がしにくいためです。

 

定期バックアップはお好みで。

定期バックアップ

次回のバックアップ: 2013年11月26日 9:44 AM

スケジュール:

  •  なし
  •  1時間に1回
  •  1日2回
  •  1日1回
  •  週 1 回
  •  Twice a Month

定期バックアップに含めるテーブル:

複数のチェックボックスの選択状態を切り替えるには [SHIFT] を押しながらクリックしてください

  •  wpdk_blc_filters
  •  wpdk_blc_instances
  •  wpdk_blc_links
  •  wpdk_blc_synch
  •  wpdk_keni_setting
  •  wpdk_site_cache
  •  wpdk_sitemanager_device
  •  wpdk_sitemanager_device_group
  •  wpdk_sitemanager_device_relation
  •  wpdk_yarpp_related_cach

 私は週1回に設定してます。

 

特に デフォルトのままでも問題ありませんのでお好みで設定してください。

 

             夢実現プロジェクト・メールマガジン講座

AYUMI&HIROの夢実現プロジェクト始動
あなたは現状に満足されてますか?


magajin

本気で稼ぐ気があるのならご参加下さい。
アフィリエイトで稼ぐためのメールマガジン講座

btn043

この記事はお役に立てましたでしょうか? また他の誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、下のボタンから共有をいただけましたら運営者のモチベーション維持にもつながります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ